早く寝ると痩せるって本当?効果的な時間は?睡眠不足は太るの?「睡眠ダイエット」

この記事は2分で読めます

睡眠ダイエットが本当に痩せるのかの画像

密かに話題になっていた睡眠ダイエット。気になるけれど、どう実践していいのか、はたして本当に眠るだけで痩せるのか、疑問に思っている方はいませんか?今回は、そんな疑問を解決します。

早く寝ると痩せるって本当?

寝ているだけで痩せていく…そんな夢みたいなこと、あると思いますか?嘘みたいな話ですが、実際に研究が行われ、効果が実証されているのです。でも眠っているのはみんな同じ、ただ睡眠時間や寝る時間帯が違うだけですよね。ではどうして全員が痩せないのでしょうか?

そこには睡眠をとる時間の違いがあるのかもしれません。

寝ると痩せる効果的な時間は?

実際に研究された結果では、「良質な睡眠を7.5時間とると10週間で1.5~8kgの減量結果があった」と報告されています。では、なぜ7.5時間の睡眠が好ましいのでしょうか?それはノンレム睡眠にあります。一度は聞いたことがあると思いますが、ノンレム睡眠とは何でしょう?

人は眠ってから、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。レム睡眠は眠りが浅い状態、ノンレム睡眠は眠りが深い状態のことを言います。このサイクルは90分ごとに繰り返されるので、7.5時間で起きると眠りが浅いレム睡眠が始まるタイミングで、気持ちよく目覚めることができます。

7.5時間眠るとすると、一般的な生活リズムで考えて22〜23時の間に眠るといいでしょう。

スポンサードリンク

昼寝に痩せる効果はあるの?

仕事などでどうしても眠るのが深夜になる人は、昼寝でも痩せる効果が期待できるのでご安心を。昔は「食べてすぐ寝ると牛になる!」なんてよく言いましたが、近年の研究では「1時間半の昼寝は、一晩分の睡眠に匹敵する」と言われ、短時間の昼寝をすることで、体力回復と、午後からの集中力がアップするそうです。近頃は学校でも昼寝を推奨するところがありますね。特に食後の10〜15分の睡眠は、脂肪燃焼を促すノルアドレナリンが活発に分泌され、痩せやすい体質へ導いてくれるそうです。

(参考サイト:効率UP代謝UPのお昼寝ダイエット

睡眠不足は太るって本当?

睡眠不足になると、自然とカロリーが高いものを食べたくなります。それはホルモンによる自然な現象です。睡眠不足になると、食欲を抑制するレプチンというホルモンが減ってしまい、食欲を増進させるグレリンが増えることがわかっています。

睡眠不足はある種、生命の危機状態。脳は異常を察知し、生命維持のためにエネルギーを摂取しようと判断します。夜食に高カロリーなラーメンを食べたくなるのは、このためです。起きている時間が長い分、空腹感も感じやすくなるので、早々と寝るのが一番の対策です。

スポンサードリンク

また睡眠不足の人は、十分に睡眠を取っている人と比べて、筋力が落ちていることも研究で明らかになっています。筋力が落ちれば代謝が悪くなるので、痩せにくくなってしまいます。そのため運動しても基礎代謝が悪いのでなかなか痩せられない、といった結果になってしまうのです。

(参考サイト:睡眠不足が太る理由

寝て痩せるための注意点!

食事は眠る3時間前には、終えるように心がけましょう。睡眠中は消化機能が落ちるので、消化不良を起こして胃もたれの原因になってしまいます。どうしても食べてすぐ眠る場合は、胃の形を考慮して、少しでも消化しやすいよう右を向いて寝るようにしましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 半身浴と全身浴を紹介する女性の入浴画像
  2. スリムデボーテを紹介するイラスト
  3. 太ももの体操のイメージ画像
  4. 睡眠ダイエットを説明するための女性が眠っているイメージ画像
  5. 下腹のサイズをメジャーで測る女性の画像
  6. ダイソーで見つけた100均のダイエットスリッパ。猫が可愛い女性向けのグッズ
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報はこちら

アーカイブ