本気で痩せたい!高校生におすすめのダイエットは?間違ったサプリ論も!

この記事は4分で読めます

高校生のダイエットを紹介する画像

高校時代は、人生のなかで一番ぽっちゃりしている時期です。この時に無理なダイエットをしてしまうと、成人後にさまざまな弊害が現れます。

安易な大人向けのダイエットに飛びつかず、高校生のメリットを生かしたダイエット方法を紹介します。

本気で痩せたい高校生におすすめのダイエット1「運動編」

高校時代は、実はとても歩く時期でもあります。大人になって車を運転するようになったり、お仕事でデスクワークが主になったりすると、ほとんど歩かなくなる人も多いのです。

高校で部活動をしていない人でも、授業で体育の時間がありますね。ダイエットをしたいならば、しっかり体育の授業で体を動かす事が大事です。「だる~い…」なんて言って、体育をサボりながら「ダイエットしなきゃ!」なんて、矛盾していますね。

そんな歩く時期なら、バッグにしっかり教科書を詰め込んで歩きましょう。さらにダラダラ疲れたように歩かず、しっかりとした足取りになるように意識します。それだけで、同じ時間、同じ距離のウォーキングでもダイエット効果が上がりますよ。

【押切もえの魅せて歩くコツ】

本気で痩せたい高校生におすすめのダイエット2「食事編」

高校生におすすめしたいのは「レコーディングダイエット」です。書くという作業が最も身近なのが高校生ですね。食べた物を全部書き出し、その時の気持ちや、お腹のすき具合などをマメに記録します。

思ったより間食をしていたり、ジュースなどの清涼飲料水が多かったり、食べるものが偏っていたり、気づくことが多いはずです。レコーディングが慣れてくると、カロリーも記入するようにします。1gや1kcalにこだわる必要はなく、大体で構いません。

このレコーディングは、ダイエットだけではなく、勉強もレコーディングが大事です。間違った問題をレコーディングしていくと、苦手が分野の傾向が見えてきますよ。

自分の食事の傾向が見えたら、後はカロリーの高いものを避けていくだけです。大抵の場合、美味しくて自分が大好きな食べ物が、太っている原因になっていることに気が付くでしょう。それは我慢するのは厳しいですが、それを止めなくては本気のダイエットにはなりません。

スポンサードリンク

本気で痩せたい高校生におすすめのダイエット3「アプリ編」

高校生は日々忙しく、運動したくてもウォーキングに夜中に出ていくのは危険ですね。そんな時は、家の中で運動したいのですが、ドダドタ動く運動は家族の迷惑になってしまうこともあります。

そんな時は、「ロングブレスダイエット」で運動するのが良いですね。ロングブレスダイエットで使えるアプリがあります。

~「誰でも痩せれる!?」ロングブレスダイエット補助タイマー~

ロングブレスの秒数をカウントしてくれるアプリなので、苦しくてつい1秒くらい誤魔化しちゃった!なんてことが防げるアプリです。

学校の行き帰りなどによく歩く場合には、歩数計アプリが便利です。

~Walker – 歩数計 M7/M8/M9~

思ったより消費カロリーが少なくても、気にする必要はありません。運動で使った消費カロリーよりも、運動でついた筋肉が自動的に消費してくれるカロリーが大事なのです。

本気で痩せたい高校生におすすめのダイエット4「サプリ編」

サプリメントだけでダイエット効果を得ようとするのは間違いです。さらに、サプリメントにはたくさんの添加物が含まれています。サプリメントを山のように摂ると肝臓に負担がかかり、薬物性肝炎ということもあります。

高校生が摂るサプリメントは、よく考えた上で1種類程度にしておくと良いでしょう。さまざまな肌に良さそうな成分のサプリメントがありますが、高校生特有の肌荒れや、脂っぽい肌などはサプリメントでは改善しないことが多いのです。

偏食になりがちな高校生の場合、摂るサプリメントは「マルチビタミン・ミネラル」です。食品で摂った糖質や脂質を、エネルギーに変えるために必要なのがビタミンやミネラルです。慢性的な疲れやだるさがとれ、ダイエット効果が期待できます。

スポンサードリンク

高校生の間違ったダイエット論

高校生はダイエットというと、食事の量を減らしがちです。そして、空腹に耐えられず、友達からもらったお菓子などをちょこちょこ口にしてしまい、ダイエットにならない事が多いのです。

「お菓子は食べたいから、食事を減らす」というのはダイエットでは一番いけないことです。本気で痩せたい場合は先ずお菓子を止めることから始めましょう。

雑誌やテレビに出ているアイドルやモデルなどを目標にするのはいけません。アイドルやモデルが公表している体重などが、本当かどうかも怪しいです。さらに、写真の摂り方やポージングなどでも痩せて見えますし、写真は後からいくらでも加工できます。

ただし、実際に痩せた芸能人のダイエットは参考になるので、どんなダイエットを行ったのか知っておくのは良いことだと思います。

最近痩せた芸能人のダイエット方法はこちら

高校生のダイエット まとめ

体重だけ減らしても、引き締まった魅力的な体にはならないことも多々あります。自分には何が必要なのか、考えてながらダイエットを進めましょう。

お菓子を食べている人は、まずそのお菓子をやめることから始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 下半身痩せのイメージ画像
  2. リバウンドを防止するメニューが朝食と昼食と夕食では違いがあることを紹介する画像
  3. 1日2食ダイエットに挑戦する猫のイメージイラスト
  4. 太もものストレッチのイメージ画像
  5. 埼玉で見つけた託児所付きのジムを紹介するイメージ画像
  6. core positionの食事制限はあるのかという疑問と野菜のサラダの画像コアポジション
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報はこちら

アーカイブ