リバウンドしやすいダイエット!短期や単品などのダイエットはわかるけど、体重を目安にするのも良くないって本当!?

この記事は3分で読めます

リバウンドしやすいダイエットはどんな方法かを紹介する画像

リバウンドしやすいダイエットを紹介するページです。

ダイエットに挑戦してみても、結局最後は太ってしまっう方はこのページで紹介されているダイエット方法を確認し、「リバウンドしやすいダイエットを選んでいないか」をチェックして見ましょう。

あなたのリバウンドは、あなたの問題ではなく、あなたが選んだダイエット方法の問題かもしれませんよ。

スポンサードリンク

リバウンドしやすいダイエット1:単品ダイエット

ダイエットの方法で、ある1つの食べ物を集中的に食べるダイエットがあります。例えば、りんごや寒天、バナナやカレーなどを食べ続けるダイエットです。それらのダイエットは、多くの方が食べ飽きてしまう傾向があります。

テレビ番組で、1つの物だけを食べ続ける企画の番組がありましたね。味付けや調理法などさまざま工夫していますが、どんな食材でも、どの芸能人でもかなり辛そうでした。

この単品ダイエットはたとえ痩せたとしても、その後に自由に食べられるようになった反動が大きく、食べ過ぎに繋がりやすいのでリバウンドしやすいダイエットの代表といえます。

リバウンドしやすいダイエット2:短期間ダイエット

「○日までに△kg痩せなきゃ!」と期限が近付いてからダイエットを始めることが多いですね。計画的にダイエットするのは難しいものです。無理な食事制限や、時には絶食をして目標体重にする人もいますね。

よほど太っている(BMI30以上※)場合を除いて、1ヵ月に5kg以上のダイエットは体にかなりの負担が生じます。そのようなダイエットは、体が勝手に「次にまた食べられない時期が来るかもしれない!」と危機感を感じ、栄養を貯め込もうと働きます。なので、リバウンドしやすいダイエットとなるのです。

※BMI=身長(m)×身長(m)÷体重(kg) 23以上を肥満と判定します

リバウンドしやすいダイエット3:体重しか目安にしないダイエット

ダイエットを決意する時は、体重計に乗って体重が増えていた時ですね。ダイエットの指標を体重だけにしてしまうのは危険です。ダイエットを始めると、先ずは水分が抜けていき、スッキリとします。それだけで体重は数キロ減り、ダイエットが成功したかに思ってしまうのです。

しかし、水分が減っただけでは、ものの1~2日でリバウンドします。本当に健康のためのダイエットは、脂肪が落ちることです。脂肪が落たかどうかの目安は、体脂肪や筋肉量や体重などを計測して、合わせて評価することが大事です。さらにこれらの数字は、計るタイミングなどでも変わります。定期的に計りながら、現在脂肪が落ちている状態なのか、水分が抜けただけなのか、筋肉が付いているのか、冷静に考えながらダイエットを進めていく必要があります。

体重だけを指標に、「やせたー!」と一喜一憂するダイエットは、リバウンドしやすいダイエットです。

スポンサードリンク

リバウンドしやすいダイエット4:苦しいダイエット

運動が極端に苦手な人が、周りの声援に励まされてダイエットしても、もともと運動嫌いなので、何かの拍子に運動しない日が2~3日続くと運動を止めてしまいがちです。

もともと食べることが大好きな人が、極端に食べる量を減らしてダイエットすると、何かのきっかけで「食べちゃえー!」と、気持ちが途切れてしまいがちです。

自分のタイプを考えず、苦しいだけのダイエットは、途中で投げ出しがちなのです。さらに、ダイエットに成功したとしても、苦しさの反動で食べ過ぎたり、運動をピタッと止めたり、リバウンドしやすい状況に陥ります。

リバウンドしやすいダイエット5:ちょっとだけのダイエット

「あと1kg痩せたいんだよねぇ…」という、あとちょっとだけ痩せたいダイエットは、リバウンドしやすいダイエットです。

体重の1~2kgの変化は、日常生活で常に変動する程度の量でもあります。「あと1kg痩せたいけど、この前忙しくて食事が1日1食になったら、1kg痩せたんだよね。だから今回も…」とちょっとだけダイエットを繰り返していると、1kgが2kg…3kg…と増えていき、去年の今頃よりも5kg増えていた!なんてことが起こりやすいです。

自分のべスト体重から3kgズレたら、きちんとべスト体重まで減らすようにコントロールしないと、いつの間にか小さなリバウンドが大きなリバウンドになってしまっていることがありますよ。

リバウンドしないためのアドバイス

ダイエットは「痩せること」ではありません。「ベストな体調、体重、バランスを維持すること」も含みます。痩せることだけを目的としてしまい、痩せたその後を維持することを忘れていると、高い確率でリバウンドします。ダイエットはその後の維持まで考えて行う事がポイントです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 納豆ダイエットの方法や効果を紹介する画像
  2. もやしダイエットは本当に痩せるのかを紹介する画像
  3. 太りにくいコンビニのおやつのイメージ画像
  4. 1ヶ月から2ヶ月で5キロ痩せるためのイメージ画像
  5. 1ヶ月から2ヶ月で10キロ痩せるためのイメージ画像
  6. ダイエットに失敗したクマのイラスト
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報はこちら

アーカイブ