下腹を引き締めたい!女性向けトレーニング方法とおすすめの食べ物は?

この記事は4分で読めます

下腹の引き締め方を紹介する女性のイメージ画像

下腹を引き締めるためのトレーニングの方法と、その効果をアップさせるための食べ物選びについてのページです。

下腹を引き締める女性向けトレーニング方法

下腹を引き締めるには、昔から行われている腹筋運動では間違いです。

寝転がって上半身を上げる運動では、お腹の筋肉の上部を鍛えることになり、下腹にはあまり効果が無いばかりではなく、「効果が無いのは足りないからだ!」とやり過ぎていると、腹筋が6個に割れるシックスパックという、あまり女性には嬉しくない状況に陥ります。

下腹を引き締める効果のある運動は、呼吸と足がポイントです。

レッグレイズ

足を上げた状態から、ゆっくり下ろします。

反対に上げる方法だと、腰に負担がかかります。運動を始めた直後のあまり腹筋がない状態だと、足すら上がりません。この運動は、下腹に直接「効いてる!」と実感できますね。

【レッグレイズの片足バージョンと両足バージョンの動画】

ヒップレイズ

ヒップレイズは、レッグレイズの最初の状態から、腰を上げる運動です。

これはより下腹の筋肉を使うので、レッグレイズがある程度出来るようになってからチャレンジしましょう。ピンと伸びた足を見ていると、美しくなっている実感が湧きますね。

【ヒップレイズの動画はこちら】

レッグレイズでは負荷が足りないと感じた時に行いましょう。

ドローイン

呼吸はとてもエネルギーを使う動作です。

呼吸は消費するエネルギーはとても多いのです。お腹でしっかり深く息をするので、電車の中やデスクでやっていても、他人にあまり怪しまれないのでおススメです。

【ドローインの動画】

ちょっとした隙間時間にできるところが魅力的ですね。

下腹と同時に鍛えたい場所は?

下腹と同時に鍛えると良い場所はどこでしょうか。

お尻の筋肉を鍛えよう

下腹の筋肉と共に鍛えたいのが、お尻の筋肉です。お尻は自分であまり見えませんが、他人は良く見ている部分です。キュッとあがったお尻は、それだけで魅力的です。

下腹のポッコリがなくなれば、下腹を隠す服を着なくなるので、お尻も同時に見せる服になりますから、一緒に鍛えておくと良いでしょう。

お腹とお尻を同時に引き締める女性のイメージ画像

姿勢を正す体感トレーニング

下腹を鍛えると同時に効果的なのは、姿勢を正すことです。姿勢が正しければ、それだけで下腹のポッコリが減るのです。

現代人は、パソコンやスマホなどで長時間前屈みになっています。姿勢が固まっているので、余計にお腹ポッコリが目立つようになっているのです。

姿勢を正すダイエット方法はこちら

下腹を引き締める食べ物は?

下腹を引き締める効果が期待できる食べ物を紹介します。

糖質は減らす

糖質は、体の重要なエネルギー源です。脳は糖質しかエネルギーに出来ませんので、糖質を0にしてしまうと、筋肉を糖質に変えて脳にエネルギーを送ります。なので、糖質0にする事は危険です。ですが、摂りすぎると下腹ポッコリの原因となるのです。

糖質と言えばお米が代表ですが、女性は菓子パンや、パスタなどオシャレな食べ物が大好きです。しかし、それらの食べ物こそが、糖質たっぷりなのです。「糖質の摂りすぎに気をつけています!」と言う人ほど、気を付けているのは夕食だけで、朝や昼はパンやパスタだけだったり、甘いカフェラテを飲んでいたりします。注意が必要ですね。

糖質の少ない食べ物
  • 牛肩ロース・牛ひれ・豚ロース・豚ヒレ・鶏肉(皮なし)
  • あじ・しらす・まぐろ・あさり・たこ・えび
  • ナチュラルチーズ・プロセスチーズ
  • たまご・アーモンド・豆腐・納豆・油揚げ

タンパク質は摂る

糖質は制限しますが、たんぱく質はしっかり取ります。タンパク質は豆腐乳製品です。タンパク質は、筋肉の素になるものです。筋力トレーニングをするからこそ、しっかり摂りたいですね。サラダとスープだけの食事は、たんぱく質が不足します。から揚げ弁当のご飯半分残しの方が、下腹痩せには効果的ですよ。

スポンサードリンク

禁酒

下腹ポッコリの原因は、お酒が理由の場合も多いです。特に女性は甘いお酒を好むので、そこからの糖質の摂りすぎも問題です。

アルコールは体にとって毒物と認識されるので、肝臓が優先的に処理しようと動き出します。その間、糖質の処理は後回しになります。アルコールが多いほど、行き場のない糖質は下腹に溜まる事になるのです。

下腹痩せに頑張っている時には禁酒。普段でもお酒は1杯までに留めておくのがポイントです。

スポンサードリンク

下腹が引き締まったらやりたいことはコレ!

下腹が引き締まったらやりたいことは何ですか?

そのイメージを目標にして、日々の努力のモチベーションにしましょう。

スキニーパンツを履きたい!

いつもは隠して誤魔化している下腹を見せられるようになったら、スキニーパンツを履いて颯爽と歩きたいですね。ファスナーがしっかり上がって、ボタンが留められたら感激です。

ぴったりのトップスを着たい!

体の線が出るトップスは、下腹がポッコリ出てしまい、段になっているのがばれてしまいます。下腹が引き締まったら、そんなトップスを着てみたいですね。

気にしないで温泉に入りたい

温泉は大好きだけれど、他人の体型が気になるのが女性です。自分が他の人を見ているという事は、自分も見られているということですね。

見られても平気な位の下腹になったら、堂々と温泉に入りに行きたいですね。

おやつの誘惑にどうしても負けそうな時は、太りにくいおやつを選んで乗り越えましょう。

コンビニで見つかる太らないおやつはこちら

下腹を引き締めたい! まとめ

下腹の引き締め方をまとめると…

まとめ
  • 効果的な運動を行う
  • 糖質を減らす
  • タンパク質は適度に摂る
  • お酒をひかえる
  • モチベーションを保つ

まずは何かをスタートすることが大切です。

あなたが今、家にいるのであればレッグレイズを。
外出先であればドローインを。
今この瞬間にスタートしましょう。

この一歩を踏み出せるかどうかで、
あなたの下腹の今後が決まりますよ。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 下腹のサイズをメジャーで測る女性の画像
  2. リバウンドしにくいダイエットを紹介するイメージ画像
  3. ダイエット向きの水着は動きやすい方がいいのか、泳ぎやすい方がいいのか迷っている女性のイラスト
  4. ペットボトルで二の腕痩せをする女性のイメージ画像
  5. 背筋と肩甲骨が美し女性の画像
  6. 二の腕の筋トレを紹介する女性のイメージ画像
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報はこちら

アーカイブ