カロリミットの効果は?飲み方と口コミ、おすすめの買い方も紹介。

この記事は3分で読めます

カロリミットの効果のイメージ画像

軽快な「いっぱい食べる君が好き♪」のCMでおなじみの、ダイエットサプリのカロリミット。

あんな風に豪快においしいものを気にせず食べて、かつダイエットができたらと思ってしまいますよね。

ですが、食べても大丈夫なんて、カロリミットとはどういうサプリなのでしょうか?
食べることが大好きなのでやめられない、食事をガマンするダイエットはすでに失敗済み、でもダイエットしたい人なら気になる商品のひとつではないでしょうか。

このページでは、そんなカロリミットの効果飲み方。さらにリアルな体験談お得な購入方法について紹介していきます。

カロリミットの主な効果は?

カロリミットは、糖や脂肪が多い食事を取りがちな方におすすめで、糖・脂肪の吸収を抑え、食事の後の血糖値と、血中中性脂肪値の上昇を抑えてくれる機能性表示食品です。

ギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミンの5つの成分が、ダイエットの際に気をつけたい、食事を摂った後の急激な血糖値と血中中性脂肪値の上昇を抑えます。

こんな方におすすめ
食事制限で挫折しがちな方におすすめ
スポンサードリンク

カロリミットの飲み方「いつ飲むの?」

糖と脂肪の吸収を抑えてくれるので、カロリーの気になる食事の前に摂るのが効果的です。一日三回まで摂取OKなので、毎食前に飲んでも大丈夫です。

外食や旅行の時にも、忘れず持っていきましょう。

カロリミットの口コミ「体験談」

先に試していた友人から、「お腹がユルくなる人もいるらしいから、気をつけて」とアドバイスをもらっていたので、まずは食前に1粒から始めました。

毎食前に摂取OKですが、一回に付き4粒までなので、お腹の様子を見つつ、また、食事内容に合わせて数を決めて飲みました。

これだけで正直痩せることはありませんでしたが、食事内容に気にせず、ただカロリミットを試すつもりで一か月続けていたら、どんどん増えていた体重増加がストップしました。さらに運動を取り入れることで効果が高まると感じました。

食べることが大好きで、大好きなことをガマンしなくて済むというのは心強い味方かもしれません。

実際の声
どんどん増えていた体重増加がストップして感動!

カロリミットを飲むときの注意点

また、カロリミットにはカニの甲羅由来のキトサン、インゲン豆由来のファセオラミンが含まれていますので、カニや大豆アレルギーのある方はもちろん、食物アレルギーのある人は注意が必要です。

カロリミットは15歳以上の服用を想定したサプリなので、お子さんや、妊婦、授乳中の方も服用できません。

スポンサードリンク

カロリミットの買い方と値段は?

カロリミットは、コンビニやドラッグストアなどで手軽に買えますので、外食の際に忘れてしまっても安心ですよね。でも、コンビニやドラッグストアはほぼ定価。長く続けるためには、お安く購入できることも大事ですよね。

例えば、あるコンビニ価格では120粒の価格が1,607円(消費税8%込み)ですが、下記画像の楽天ショップでは1,328円(消費税8%込み、送料込み)となっています。この差は大きいので、一度利用しているネットショップで価格の確認をしてみることをお勧めします。

カロリミットのおすすめ度は?

外食の際や、糖、脂質が気になる食事の時に、「これさえ飲んでおけば大丈夫」と思える安心感はピカイチです。

やっぱりおいしいものは、カロリーがどうとか、ダイエットのことを考えずに、思う存分おいしく味わっていただきたいですよね。

ただ、これだけで「痩せる」というよりは、糖や脂質の吸収を抑えてくれるものなので、同時にエクササイズや、普段の生活でも運動を意識して取り入れることをおすすめします。

【ついつい見てしまうカロリミットのCM】

まとめ

カロリミットは、長く続けることによって、ストレスの少ないダイエットにつながるサプリです。

持ち忘れた時にはコンビニで簡単に手に入るカロリミットは、食事を楽しむダイエッターの心強い応援団と言えます。

まずは30日間、試してみることから始めましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ロッツのメタバイオの口コミを紹介する画像
  2. 高校生のダイエットを紹介する画像
  3. シボガードの効果は男性向けと紹介する画像
  4. 理研のマルチポリフェノールの理想の飲み方を紹介するイメージ画像
  5. マルチポリフェノールで脱ぽっちゃりを紹介する画像
  6. フルベリの効果を口コミからチェックするイメージ画像
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報はこちら

アーカイブ