女性が履きたくなるヨネックスのウォーキングシューズ「レディース」

この記事は2分で読めます

女性が履きたくなるヨネックスのウォーキングシューズのイメージイラスト

さまざまなスポーツブランドからウォーキングシューズが出ていますが、バトミントンで有名なヨネックスから出ているウォーキングシューズをご紹介します。ヨネックスは日本発祥のメーカーで、ラケットからウェア、シューズまでトータルで開発されています。激しい動きをするバトミントンで、足に負担がかからないシューズの開発が進み、ウォーキングシューズに応用されています。

このページでは、「女性が履きたくなるヨネックスのウォーキングシューズ」について紹介していきます。

女性が履きたくなるウォーキングシューズのポイントは?

女性がウォーキングシューズを選ぶポイントは、ウォーキングをやろうという気持ちを「盛り上げてくれるか!?」という点です。心がときめくシューズであることがとても大事です。

デザイン性

女性がウォーキングシューズで重要と思う事は「デザイン」ですね。どんなに良いシューズでも、デザインが気に入らないと、履かないようになり、ウォーキング自体が続かなくなります。これは女性ならではのポイントかもしれません。

履きやすさ

ウォーキングが面倒だと思う日も、気分を盛り上げて玄関へ向かいます。その時に履くのに面倒な靴では玄関を出る前にイライラしてしまい、ウォーキングのやる気が削がれてしまいます。

疲れにくさ

もともとパンプスやヒール靴をよく履く人の場合、シューズタイプの靴になかなか足が慣れなかったり、履きにくかったりしますね。ウォーキングは30分程度歩きますから、足が痛くなるような靴ではウォーキングが続きません。

スポンサードリンク

女性が履きたくなるヨネックスのウォーキングシューズ1「ウォーキングパンプスLC77」

パンプス型のウォーキングシューズです。仕事や学校の行き帰りをウォーキングにあてたい場合などには、このパンプスタイプなら服装を気にせず歩けます。一駅手前で降りるなど、ウォーキングする習慣がつくように工夫できます。

本来ならシューズタイプの方が足には良いのですが、履き換えができない場合などにはこのタイプがいいですね。ヒールも4㎝と低くなく高くない丁度良い高さなのが嬉しいですね。

女性が履きたくなるヨネックスのウォーキングシューズ2「カジュアルウォークLC86」

寒い冬にも頑張ってウォーキングしようとするならば、このブーツタイプのウォーキングシューズがおススメです。雨や雪の日でも頑張る場合にはこちらも用意しておきたいです。踵にファスナーがあるタイプなので、足のフィット感も良いですね。

カジュアルウォークLC80

ウォーキングシューズでも、スリッポンタイプになります。紐で結ぶシューズより履きやすく、さっと履いて玄関を出られるのがポイントです。カジュアルな靴なので普段に履いて、気が向いた時に直ぐに歩き出せますよ。

女性が履きたくなるヨネックスのウォーキングシューズ3「Be-COMFORT LB04」

黒のパンプスタイプです。これは長く歩く就活などには、とても良いウォーキングシューズです。仕事で外回りがある場合などにもおススメです。

ヨネックスのレディースアイテムって人気なの?

ヨネックスは本格スポーツ用品メーカーというイメージがついているので、ウォーキングのような軽い運動で使う靴を本格的な靴にしなくても…と思う人が多いのか、さほどメジャーではありません。そして、デザイン的に若い人向けのデザインは多くないです。

しかし、ウォーキングシューズのほとんどはスニーカータイプのため、パンプスタイプやスリッポンタイプ、ブーツタイプはあまり見かけません。ウォーキングと通勤を兼ねたい人や、ウォーキングのみならず普段でもよく歩くけれど、足が痛くなって困る人は一度試したみたいシューズですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回紹介したウォーキングシューズを見ていると、「運動用にもオシャレなシューズがある」ということが分かりましたね。

どのシューズを購入するか迷った際は、一度見た目の好みで選んでみるのもおすすめです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 太もものストレッチのイメージ画像
  2. 下半身痩せのイメージ画像
  3. ダイソーで見つけた100均のダイエットスリッパ。猫が可愛い女性向けのグッズ
  4. ダイエット向きの水着は動きやすい方がいいのか、泳ぎやすい方がいいのか迷っている女性のイラスト
  5. 白猫が冬の運動を室内で行おうか室外にするか迷っているイラスト
  6. 痩せた女性芸能人のダイエット方法を紹介する画像
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報はこちら

アーカイブ