本気で痩せたい!高校生専用のダイエット「1キロ痩せを無理せず続ける」

高校生のダイエットを紹介する画像

管理人

管理人
高校時代は、人生のなかで一番ぽっちゃりしている時期です。この時期に無理なダイエットをしてしまうと、リバウンドを繰り返す体質になってしまったり、痩せすぎて女性らしさを失ってしまうことも…。

1ヶ月で5キロや10キロ痩せる極端で大変すぎる大人向けのダイエットに飛びつかず、高校生のメリットを生かしたダイエット方法で、1ヶ月で1キロずつを目標に、無理なく理想のスタイルを手に入れましょう♪

1ヶ月で1キロ何て無意味!ってバカにするかもしれませんが、10ヶ月後にはマイナス10キロです。

10キロ痩せたら世界は変わりますよ♪

本気で痩せたい高校生におすすめのダイエット1「運動編」

高校時代は、実はとても動く時期です。大人になって車を運転するようになったり、お仕事でデスクワークが主になったりすると、ほとんど歩かなくなる人も多いです。

高校で運動部に入っていない子だって、授業で体育の時間はありますよね。運動が嫌いな子でさえ強制的に運動させられるんです。これほど痩せやすい時期はありません。

運動ができる環境をフルにいかすことが、高校生のダイエットの近道です。「だる~い…」なんて言って、体育を適当にサボりながら「ダイエットしなきゃ!」なんて矛盾しています(>_<)

体育の授業はダイエットの時間だと思って、しっかり体を動かすようにしましょう。成績も上がってダイエットにもなるなんて、私にとってはこんなにうらやましい時間はありません!

歩くことって意識してる?

高校生は歩く機会がとっても多いと思います。そんな歩く時期なら、バッグにしっかり教科書を詰め込んで歩きましょう。それだけで同じ距離を歩いても、教科書の重さ分負荷が強い運動に変わります。

教科書なんて重たいし、机の引き出しにずっと入れておきたいところですが、教科書をもって歩くことで、自然に毎日の消費カロリーは多くなります。これは「最強のながら運動」です。ながら運動の積み重ねをあなどってはいけません。

大人になると、大切な書類は職場においておけなくなったりします。必要なものを持ち帰る習慣をつけておくと、社会人になってからも楽ですよ。なによりバッグの中を整理するスキルも身につくので、自然と女子力がアップします♪

さらにダラダラ疲れたように歩かず、しっかりとした足取りになるように意識します。それだけで、同じ時間、同じ距離のウォーキングでもダイエット効果が上がりますよ。

【押切もえさんの魅せて歩くコツの動画】

 

管理人

管理人
ここまでのお話しから、「高校生は自然に運動できる環境にいる」ということがわかったと思います。

社会人になってしまうと、運動する機会が激減し、筋力は落ちて、「頑張って痩せても細くなっただけでセクシーではない」みたいなことになってきます。

高校生のうちに適度な運動をしておくことで、ウエストが引き締まったり、お尻がちょっとセクシーになったりします。

社会人になってから「ステキな女性」と思ってもらうためにも、今のうちに適度な運動を習慣づけておきましょう。

本気で痩せたい高校生におすすめのダイエット2「食事編」

高校生におすすめしたいダイエットは「レコーディングダイエット」です。レコーディングダイエットとは、食べたものを書いていくダイエット方法です。

学校の授業があるので、書くという作業が身近なのが高校生です。食べた物を全部書き出し、その時の気持ちや、お腹のすき具合などをマメに記録していきます。

思ったより間食をしていたり、ジュースなどの清涼飲料水が多かったり、食べるものが偏っていたりと、気づくことが多いはずです。

痩せたいのに食べちゃう!という高校生にはかなりおすすめなダイエットですよ♪

とくに見直すべきところ

とくに見直すべきところは「お腹は減っていないけど、なんとなく食べてしまった」というところ。

勉強がうまくいかなかったり、先生にイラっとしたり、好きな人が振り向いてくれなくてモヤモヤしたりで、ちょっと食べたくなってしまう気持ちは痛いほどわかりますが、ダイエットをするのであれば無駄な間食は我慢です。

ダイエットに成功して、自信がついてキラキラになってしまえば、好きな人だって振り向いてくれるかもしれませんよ♪

レコーディングダイエットの流れ

レコーディングダイエットの流れはこんな感じです。

  1. 何を食べたか書いてみる
  2. 何をいつ食べたか書いてみる
  3. 何をいつ食べて何カロリーだったか書いてみる

①何を食べたか書いてみる

まずは「何を食べたか」を書いてみましょう。

食べたものを書くという習慣をつけるための第1ステップです。

②何をいつ食べたか書いてみる

何を食べたかを書く習慣がついたら、今度は「何をいつ食べたか」を書いてみましょう。

これで食べ過ぎている時間をチェックできるようになります。

③何をいつ食べて何カロリーだったか書いてみる

最後は「何カロリーだったか」も記録するようにします。

これはカロリーを調べないといけないので、いちばん面倒で続かない人が多いです。

続けるポイントは「カロリーはだいたいでOK」と割り切って記録することです。

たとえば、400キロカロリーのポテトチップスがあったとして、それを3人の友達で分けたとして、400キロカロリーの3分の1だから私のカロリーは、えーっと、えーっと・・・。

これでは絶対に続きません!

こんな時はざっくりで「200キロカロリーにしとこ!」くらいでできると続きます。

大切なことは、細かく管理することではなくて、ザックリでもいいから管理することを習慣にすることです。

レコーディングダイエットが習慣化されて、ちょっとこだわりがでてきたころに細かく管理するのはありだと思いますよ♪

管理人

管理人
レコーディングはダイエットだけじゃなくて、勉強でも大切なことです。間違った問題をレコーディングしていくと、苦手な分野の傾向が見えてきて、成績アップにもつながりますよ♪

自分の食事の傾向が見えたら、後はカロリーの高いものを避けていくだけです。大抵の場合、美味しくて自分が大好きな食べ物が、太っている原因になっていることに気が付くでしょう。

大好きなものを我慢するのは厳しいですが、本気でダイエットして、理想のスタイルを手に入れるためには・・・我慢も必要です!「痩せたいのに食べちゃう」という状態を卒業しましょう!

本気で痩せたい高校生におすすめのダイエット3「家でできる編」

高校生は日々忙しく時間に追われています。もっと運動したくても、夜中に外に出ての運動は危険なのでできません。ホントは家の中で運動したいのですが、ドダドタ動く運動は家族の迷惑になってしまうこともあります。

何より家族に「ダイエットしてる感」がバレてしまって恥ずかしいです。そんな時は、「ロングブレスダイエット」がおすすめです。

「ロングブレスダイエット!?それこそ恥ずかしくてイヤ!」って思いませんでしたか?(笑)

ちょっと有名すぎてと言いますか、なんとなく恥ずかしくて敬遠しがちな方法だと私も思います(笑)

でも、です。

ロングブレスダイエットは、家で静かにできるダイエットとしてはかなりおすすめできる方法だと思います。どちらにしてもバレないようにダイエットしたいんだったら、ロングブレスダイエットだっていいじゃないですか!バレないんだし!

少なくとも、私はオススメします!

ウエストを引き締めている女性の写真

本気で痩せたい高校生におすすめのダイエット4「サプリ編」

高校生がサプリメントだけでダイエット効果を得ようとするのは間違いです。

サプリメントにはたくさんの添加物が含まれています。あのサプリも気になる、このサプリも取りたいと思って、サプリメントを山のように摂ると肝臓に負担がかかり、薬物性肝炎などの病気になってしまうことだってあります。

高校生が摂るサプリメントは、よく考えた上で1種類程度にしておくと良いでしょう。

ダイエットだけでなく、さまざまな肌に良さそうな成分のサプリメントもありますが、高校生特有の肌荒れや、脂っぽい肌などはサプリメントでは改善しないことが多いです。

偏食になりがちな高校生の場合、摂るサプリメントは「マルチビタミン・ミネラル」です。お菓子やデザートで摂った糖質や脂質を、エネルギーに変えるために必要なのがビタミンやミネラルです。慢性的な疲れやだるさがとれて、ダイエット効果も期待できます。

管理人

管理人
エネルギーに満ち溢れた元気な先輩って素敵ですよね!必要な栄養は取りながら、後輩に「かっこいい先輩」って言われるような女子高生を目指しましょう♪

高校生の間違ったダイエット論

高校生はダイエットというと、食事の量を減らしがちです。そして、空腹に耐えられず、友達からもらったお菓子などをちょこちょこ口にしてしまい、ダイエットにならない事が多いです。こころあたり、ありますよね?

「お菓子は食べたいから、食事を減らす」というのはダイエットでは一番いけないことです。本気で痩せたい場合は、まずお菓子をやめることから始めましょう。

タレントさんを目標にするのはダメ?

雑誌やテレビに出ているアイドルやモデルさんを目標にするのもやめたほうがいいです。あなたが憧れているアイドルやモデルさんの体重を目指してしまうと、あなたが目指すべき体重とは違うことがほとんどです。

しかも、プロフィールなどで好評されている体重は、今現在の体重ではなくて、少し前の体重が書いてあることも普通にあります。その結果、プロフィールの数字だけを見て、無理なダイエットをしてリバウンドなんてこともよくある話です。

タレントさんに見習うべきこと

それでも、タレントさんから学ぶことはたくさんあります。実際に痩せた芸能人のダイエットは参考になるので、どんなダイエットを行ったのか知っておくのは良いことだと思います。

他にも、痩せて見えるポージングなどもかなり参考になるので、ダイエットの途中で「まだ写真はちょっと・・・」と思ってしまう時のために、モデルさんのポーズをチェックておくことはありだと思いますよ。

スタイルがいい女性の写真

高校生ってジムに通うの?

あなたの周りで、ジムに通っている友達っていますか?

「高校生なのにジムに通ってる子なんていない!」っていうのが答えだと思います。

じゃあ、サプリを飲んでる子はいますか?

たとえいたとしても、あなたの前で飲んでいる子は、ほとんどいないんじゃないでしょうか?

じゃあ、家で筋トレしたり、ウォーキングしてる子は?

親に頼んでダイエットグッズを買ってもらってる子は?

 

・・・女性は「他の子よりもキレイでいたい!カワイくありたい!」と思うものです。高校生だって同じです。

よほどの大親友じゃない限り、スタイルの良いあの子があなたにキレイになる方法をおしえてくれることはないんです。

だから自分でダイエットについて学ぶ必要があります。

じゃあジムに通えるのかというと、そんな時間もないし、何より何十万円も必要になってくるジムになんて通えないですよね。

そんな中で、最近話題になっていて、かなりおすすめだなって感じているアプリがあるので紹介しておきますね。

初月無料でダイエットできちゃうアプリ♪

ここまで読んでいただいた人は、「なるほど!なんかわかった気がする!痩せるぞ!」って思って、モチベーションも上がってきていますよね。

でも、どんなダイエットを選んでも、「結局ひとりじゃ続かない」というのが現実です。ノンスタの井上さんくらいのメンタルがないと無理です。

そこで、いま大注目されているアプリがFiNCです。

FiNCは高校生にこそオススメ♪

FiNCは月額たったの960円で、ダイエットの相談し放題のアプリです。

まだダイエットの知識もお小遣いも少ない高校生にこそピッタリのアプリだと私は思っています。

相談しながらのダイエットになるので、間違ったダイエットでリバウンドして太りやすい大人になってしまうリスクも、無理なダイエットをして体がおかしくなってしまうリスクも避けながらのダイエットができます。

しかも、月額960円は、初月の割引で960円なわけではなくて、そもそも960円なので、途中で高額になってしまうこともなければ、追加料金を請求されることもないんです。これならお母さんに相談したらOKがでると思います。

さらに、初めの月は無料で使えるので、ダイエットに興味のある人は、一度は絶対に試したほうが良いアプリです。

お母さんも誘っちゃいましょう♪

ダイエットやスタイルを良くする的な話は、お母さんも絶対に興味があるはずです。女性はいくつになっても美しくありたいんです。

そんなお母さんにも「ちょっとこれ見てみて」と話してみると、一緒になってアプリを使ってくれるかもしれませんよ♪

むしろ、お母さんが登録してくれて、一緒にやることになったケースもあるので、960円をうかせたい時は、お母さんも誘うことをおすすめします♪

FiNCのページはコチラ

まずは、お母さんにも紹介できるアプリかどうか、あなたの目で確認してみて下さいね(^^)

まとめ

高校生は心も体も不安定な年頃です。

そんな中で「1ヶ月で10キロ痩せる」とか、「2ヶ月で5キロ痩せる」みたいな方法は、個人的におすすめできません。

普段の運動量を増やしながら、食事のバランスを見直すなど、無理のない方法で1ヶ月1キロや0.5キロでもいいので、少しづつ理想のスタイルを手に入れるという意識を大切にしましょう。