寒い冬のダイエットは室外と室内のどちらがおすすめ?メリットとデメリット。

この記事は3分で読めます

白猫が冬の運動を室内で行おうか室外にするか迷っているイラスト

冬は寒くて動かなくなるから太る!冬はおいしく食べたり、飲んだりする機会が増えるから太る!そんなシーズンですね。

でも、冬は寒いからこそ、体が体温を上げようと脂肪を燃焼しやすくなっています。寒くて体がぶるっと震える時、体が体温を下げまいと燃焼してくれているのです。なんと冬は、寒いというだけで、何もしなくてカロリー消費をUPさせるチャンスでもあったんですね。

そんな冬の運動は、屋外と室内ではどちらがお勧めなのでしょうか?それぞれのメリットとデメリットに注目しながらご紹介していきます。

寒い冬のダイエットを室外で行うメリットとデメリット

冬は体温を上げようと、自然と体が燃焼してくれるので、ダイエットには最適のシーズン。室外でランニングをすると、走ることの有酸素運動も加わって、より効果が出やすいおすすめの運動です。

いきなり走る自信がないなという人は、ウォーキングはいかがでしょうか。自分のペースで始められますし、冬は効果が得られやすいのでメリットも大きいでしょう。

デメリット

その反面、デメリットというか、気をつけなければならないことがあります。それは、気温差が大きくなるということです。

ランニングをしていると、暑くなりますが、立ち止まったり、薄着をするとたちまち寒さに襲われます。うまく体温コントロールをしてくれるインナーを見つけることが大切です。また、ウォーミングアップは室内で行い、外に出たら気温になれるまでウォーキング、徐々にランニングへ移行するのが理想的です。

白猫が冬の運動をする前に室内でウォーミングアップをしているイラスト

室内と室外の気温差があることも念頭に入れておかないと、血管や心臓に負担をかける恐れがあります。室内と、室外の気温差、そしてランニングをしている時と、その前後の気温差の大きさがデメリットと言えます。

スポンサードリンク

寒い冬のダイエットを室内で行うメリットとデメリット

外は大雪、とてもランニングどころではないという環境に住んでいる人は、室内での運動を考えなくてはなりませんね。今はスロージョギングというのが注目されていて、テレビなどでも取り上げられている方法ですが、これは室内でも簡単に取り組めるのでお勧めです。

やり方は…

  • 普段の歩幅の半分くらいずつ、リズミカルにポンポンと跳ねるように
  • 着地は指の付け根であると意識する
  • 背筋をまっすぐに、視線はまっすぐ前
  • 一日30分を数回に分けても可

という、ゆっくりとしたジョギングです。

白猫が楽しそうにポンポンと歩いているイラスト

室内で?スロージョギング?と侮ってはいけません、消費カロリーはウォーキングの1.6倍以上あると言われているのです。気候の良い日に、景色のよいコースをウォーキングできる日ばかりではありませんので、室内でできるというのは大きなメリットではないでしょうか?

ただ、スローとは言えポンポンと往復していると、集合住宅ではご迷惑になるかもしれません。また、室外に出ないとついサボりがちになってしまう人には、続けられないという点がデメリットと言えます。

スポンサードリンク

寒い室外のダイエットはこんな人におすすめ!

寒い冬に一番効果の出やすい運動方法は、ランニング、ジョギング、ウォーキングですから、天候やその他の条件さえ整っていたら、やはり室外での運動が一番です。

外にジョギング、ウォーキングに出ても大丈夫な気候、条件が整っているか、以下のような点を確認してから実行するといいでしょう。

  • 安全に運動できるスペースが確保されている
  • 雪や氷などで道路がふさがれていない
  • 低温や強風などの注意報が出ていない

などです。

室内でしっかりストレッチなどのウォーミングアップをして、防寒対策、汗対策をしてから、徐々に運動を開始しましょう。また、寒い時期だと忘れがちですが、水分補給もしっかりと忘れずにしましょう。

白猫が冬の運動でもドリンクを飲んでいるイラスト

室内に戻った時の喜びを楽しもう!

寒い時期でも、室外での運動は気持ちがいいですね。でも、室内でもストレッチやスロージョギング、踏み台昇降などで汗を流すこともできますから、天候や道路状況を見て臨機応変に。半身浴など、室内でだからこそできるダイエットもあります。

寒い室外のダイエットで失敗しないための一言アドバイス

冬は体を動かせない。お食事のおいしい機会が多いから太ってしまう。そんな時期なんだと諦めてしまう前に、冬の寒さを味方につけて、外で運動できる人はどんどん外へ。それが難しい人は室内でできる運動もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 下半身痩せのイメージ画像
  2. 埼玉で見つけた託児所付きのジムを紹介するイメージ画像
  3. ジョギングのダイエットは朝が良いのか夜がおすすめなのかを紹介する画像
  4. 子供のダイエットとポテチのイラスト
  5. ペットボトルで二の腕痩せをする女性のイメージ画像
  6. 腕立て伏せでダイエットをする女性の画像
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報はこちら

アーカイブ