【ダイエットに失敗する原因】ハードルが高くてリバウンドを繰り返す!

この記事は2分で読めます

ダイエットに失敗したブタのイラスト

ダイエットに失敗する原因は?の続きです。

ここまで「三日坊主や運動嫌い」がダイエットの失敗につながるというお話や、その解決案をお話ししてきました。引き続きダイエットに失敗する原因4へ進みましょう。

ダイエットに失敗する原因4 ハードルが高い

やるからにはきっちりとした結果を出したい、中途半端なことはしない、今度こそダイエットを成功させよう!と、毎朝ジョギング5kmとか、ボクシングジムに入会しよう、食事の管理もきっちりしよう…など、自分の性格や生活環境、過去の経験を振り返らずに高い目標を掲げた人は、やはり長く続けられず、そして挫折の自己嫌悪を感じる人が多いです。

「よし、今度こそ!」と思い立ったら、できることから徐々にハードルを上げていく方が、成功に近いかもしれません。

丁度良いハードルを目標にする
満点ではなく、75点を目標に継続しましょう。

ダイエットに失敗する原因5 実行しない

ダイエットにいいと聞いた食材やサプリを買ったり、運動器具などを購入するまでは行動が早いのに、入手するとそれでモチベーションがぷっつり途切れてしまう人がいます。

クローゼットに、手つかずのダイエット食品やグッズ、運動器具が眠ったままの人は、またくり返す傾向があります。

古いダイエットグッズに触れる
なぜあのダイエットグッズを購入したのか思い返し、同じミスをしないようにしましょう。
スポンサードリンク

ダイエットに失敗する原因6 リバウンドをくり返す

新しいダイエット方法を見つけては、真摯に取り組み、長く続けてある程度の結果をもたらしながらも、すぐにリバウンドをしてもとに戻ってしまう人がいます。

糖質、脂質を極端にカットするダイエットをした場合、体が欲してあっという間にリバウンドすることが多いようです。ダイエットした状態をキープするためには、栄養のバランスを考え、中~長期でダイエットするという方法に変更することが必要かもしれません。

着実に痩せる
劇的にではなく、着実に痩せられるダイエット方法を選び、リバウンドを回避しましょう。
着実に痩せられるダイエットはこちら

ダイエットに失敗した理由から学ぶこと

健康的なダイエットとは、摂取するカロリーと運動量とのバランスを考え、ある程度の筋肉をつけてそれを維持し、基礎代謝を上げていくことで、理想の体型を維持できることです。一時的に体重が落ちたとしても、体が飢餓状態と判断したら、余計に栄養を蓄えようとしてしまう体になってしまうことも。

摂取する食べ物に偏りが出たり、髪がぱさぱさ、お肌ボロボロになるようなダイエットで減らした体重は、すぐに戻ってしまうと覚悟しておいた方がいいですね。ダイエットに失敗したとなると、リバウンドしやすくなったり、その他の成人病のリスクも高くなります。

スポンサードリンク

失敗の理由は人それぞれ

食べることを制限したダイエットにストレスを多く感じる人や、運動メインにすることでストレスを感じる人もいます。自分の生活パターンや性格、向き不向きを考えて、できるだけ長く続けられる方法を見つけられると、効果も長続きします。

また、情報交換をしつつ、励まし合える同志がいると、ダイエットも頑張れるかもしれません。

ぜひ自分に合ったダイエット方法という点に注目して、楽しく続けられるダイエットを見つけましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. あと3キロ痩せるために確認するべきこと
  2. リバウンドしやすいダイエットはどんな方法かを紹介する画像
  3. 1日2食ダイエットに挑戦する猫のイメージイラスト
  4. リバウンドのリスクとロコモについて紹介する女性のダイエット画像
  5. 下腹のサイズをメジャーで測る女性の画像
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報はこちら

アーカイブ